ナンガ オーロラ 600dx。 ナンガオーロラ600DXのシュラフで冬キャンプ!

NANGA オーロラ600DX ロング オールブラック購入!ソロはもちろんファミリーキャンプのお父さんにもオススメ!|ファミリーキャンプで「カシャッとな」

ナンガ オーロラ 600dx

楽天で購入 ぶっちゃけとっても温かくてこれだけで家族三人で問題なく寝れるんですが、かなりギリギリなんです。 うまいこと言えませんが、すごく丁度な感じです。 そして、最近僕は山キャンプやソロキャンプもしたいと考えていて、そのための専用寝袋は持っていなかったので欲しいと思っていたのも理由の一つです。 キャンプ仲間に話を聞いていると、ファミリーキャンプでは奥さんと子どもたちはインナーテントで、旦那さんだけコット寝している方も多いみたいです。 そうすればインナーテントも小さくて済むので、得られるメリットが大きいと思いました。 昔から一人用のシュラフを買うならNAGNAが欲しいと思っていたので、NANGAの中で検討することにしました。 NANGAの中からオーロラ600DX ロング オールブラックを選んだ理由 同じようにNANGAの寝袋を検討している方もおられると思うので、僕がなぜオーロラ600DX オールブラックを最初の1本目として選んだか、理由をご紹介したいと思います。 600が一番汎用性が高い 山キャンプやソロキャンプでも使える一人用の寝袋を探していて、詳しい方にアドバイスをもらったり色々調べたところ、NANGAは600が汎用性高そうと分かりました。 複数本持って使い分けする場合は、夏は300、冬は600といった感じが良いらしいのですが、 NANGAを1本だけ買って使うなら600が良さそうとのことでした。 気候の判断が難しい時期には、暑ければ前掛けとして、寒ければ中に入る感じで使えば基本通年で使えることが分かりました。 オールブラックが超かっこ良い! NANGAオーロラ600を購入することを決め、色々ネット見ていたらNANGAとアウトドアショップの山渓が共同企画してつくられているオールブラックモデルが目に留まりました。 普通はブルーやレッドなどの配色でつくられていることが多いんですが、オールブラックはめっちゃかっこ良いと思いました。 まずは商品ページの説明にも書いてありますが同じ生地で沢山生産するのでコストが抑えられているそうです。 これは間違い無さそうですよね。 また、ここからは詳しい方に相談した時に教えてもらったんですが、とても参考になったので掲載しておきます。 普通安く作られたシュラフはシングルキルト製法という方法で作る。 スペック的には問題ない。 商品がしっかり守られている感じがしました。 思ったよりコンパクトで、NANGA自体はダンボール箱の3分の1くらいの大きさです。 (3分の2が緩衝材) ロゴ入りの収納袋。 アイテム、カラー、サイズが書かれた下げ札。 ナンガのオーロラブラックの対応身長は身長185cmはでと書かれていますが、僕の身長は190cmです。 購入前に190cmでも使えるかどうか確認したところ、185cmまでの人しか推奨しないと返答がありましたが、ぶっちゃけ全然使えます(笑)。 おそらく本来のパフォーマンスが発揮できない、みたいな意味だと思いますが、個人的には何も不自由することなく使えています。 ただ、責任は持てないので購入に関しては自己責任でご判断下さい。 クリーニングやケアについての方法書かれたタグもついていました。 購入後のアドバイスも書かれているとさすが永久保証と謳うだけあるなと感動しました。 オーロラテックスの説明。 撥水性を持ちながら水蒸気は通してくれる素材のようです。 いよいよシュラフを収納袋から取り出していきます。 1つ目の紐をほどくと、もう一つ紐が出てきました。 二段階で締め付けして小さく収納できる機能なのかな? クルクル巻かれたシュラフが袋ヵら出てきました。 袋から出した瞬間ふわっと広がり始めます。 あれだけ小さいのでペラペラの素材にダウンが詰まっているのかな、と思っていましたが思ったよりしっかりとした素材感です。 中はダウンジャケットのようなつくりになっています。 ファスナーとマジックテープでとめられています。 マジックテープを外してファスナーをおろします。 結構スムーズに動きます。 この部分も感動。 結構下の方までファスナーがおりるので掛け布団のようにも使えますね。 足部分。 中に入ってみるとすぐに温かくなる感じが伝わります。 これはいいぞ。 またNANGAのシュラフが欲しい、憧れているという方もおられました。 さん inagakiyasuto がシェアした投稿 — 2019年 3月月1日午後3時25分PST NANGAの寝袋。 家でも毎日使っています! 正直ここまで快適だとは思っていませんでした。 温かい分、中が狭くて窮屈なのかな?と思っていましたが全然中で動けます。 奥さんと息子はスノーピークのグランドオフトン、僕はその横でNANGA オーロラ600DX ロング オールブラックを使っています。 布団の取り合いのようなことも無くなり3人平和な睡眠をとれています(笑)。 ソロのキャンパーに方はもちろんですが、ファミリーキャンプされるお父さんはNANGA オーロラ600DXを1枚持っておくとかなり便利だと思います! ただ、今注文しても3ヶ月くらい待たないといけないので、気になる方は早めにチェックしてみて下さい。 今回は以上になります。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

ナンガ(NANGA) オーロラ600DX 到着 そして寝た · 妻が突然「キャンプ推進宣言」で、始めましたキャンプ・登山♪

ナンガ オーロラ 600dx

キャンプの朝は結露することも多いし、雨の時でも安心して使えます! 噛み込み軽減のYKKファスナーを採用 出展: シュラフはファスナーを閉める時に生地を噛んでしまうことがよくあり、ストレスを感じたり最悪シュラフを痛めてしまいます。 ナンガのシュラフはYKKの特殊なファスナーを採用していて、噛み込みの発生率を軽減しています。 これは地味に便利なポイントです。 出展: ちなみに蓄光樹脂によってファスナーが暗闇で光るので、暗いなかでもスムーズに開け閉めができます。 永久保証 出展: そしてナンガのシュラフの最大のメリットともいえるのが「永久保証」です。 ナンガのシュラフを購入すれば、無期限かつ修理費用も無料で保証してもらえます。 例えばシュラフの生地が破れて中のダウンが出てきてしまっても、いつまでも無償で直してもらえます。 値段が高い オーロラライトの値段はレギュラーサイズで39,000円 税抜 という高級シュラフです。 ロングサイズだと1,500円アップで40,500円 税抜。 数千円で買えるシュラフもあることを考えると、なかなかのお値段ですよね。 でも、 ナンガのシュラフは質の高いダウンを使っていてとても暖かく、永久保証まであります。 決して高い買い物ではないと僕は思います。 先ほども言いましたが、「キャンプ経験者ほど一番お金をかけるべきキャンプ道具はシュラフ」というくらい寝袋は重要な道具です。 少しでも安く買いたい場合は、僕と同じ旧モデルを購入するのがおすすめです。 結局のところ、オーロラライト450DXは冬キャンプでも使えるの? 気になる冬キャンプに使えるかどうかについてです。 結論から言うと、 は真冬のキャンプでもOKです。 この3シーズンシュラフさえ1つ買ってしまえば、オールシーズンでキャンプを楽しめます。 というのも、 僕は実際にだけで冬も含めて毎月キャンプに行っています。 そして、シュラフのせいで寒くて寝れなかったことはない一度もないです。 朝起きたらコップに残ったお酒やオリーブオイルが凍り付いてるくらいには寒いふもとっぱらのキャンプでも、オーロラライト450DXで問題ありませんでした。 ただし大事なことですが、シュラフ以外の部分での防寒対策もしっかりしていますよ。 ナンガ オーロラライト450DXとモンベル ダウンハガー800 2の比較 出展: ナンガの「」を検討している方は、 ほぼ同じスペックの モンベルの「ダウンハガー800 2」も比較検討してるんじゃないでしょうか? 実際に僕もそうでした。 この2つを比較して、最終的に僕がオーロラライト450DXを選んだ理由も書いておきます。 モンベルのシュラフの特徴は、なんといっても「スーパースパイラルストレッチシステム」による伸縮性です。 寝相が良いとはいえない僕は「この伸縮性があった方が快適に寝れるかも!?」と思って、ナンガとモンベルどちらのシュラフにするか迷いました。 最終的にナンガのに決めた理由としては、.

次の

初めてのダウンシュラフはこれがお勧め! NANGA(ナンガ) [山渓×NANGA]オーロラ600DXオールブラック

ナンガ オーロラ 600dx

Contents• ナンガ オーロラライト600DXの外観と特徴 まずはの外観と特徴についてご紹介します! ざっくり外観を紹介 実は、このシュラフを買った一番のポイントはこのタグと日の丸です。 単純に「カッコいい」と思ってしまいました。 そこから、このシュラフについていろいろ調べて購入に至った訳ですが、私が調べたことをご紹介していきますね。 付属の収納袋に入れるとこんな感じです。 ナルゲンの1リットルサイズと比較してみました。 狭苦しいこともなく快適に眠ることができます。 サイズは他にロング・ショートあり。 ナンガの細部へのこだわり は、台形ボックスキルト構造を採用しています。 台形のボックス同士が支えあう構造により ダウンの片寄りを抑えます。 さらに放熱量を抑え、 効率的に保温することができるそうです。 加えて、足の部分が立体的に。 羽毛が多めに封入され寒さから足元を守ってくれます。 ちなみに、ナンガは温度表記に関して というEU諸国における統一規格を採用しています。 女性は「Comfort」、男性は「Limit」を参考にしてください。 私は、とサーマレストZ-LITEで冷え知らずの快眠です。 ささや 暗闇でのファスナーの開閉に悩んでいる人 YKK製の蓄光素材を採用したファスナーは、暗い状態でも位置が簡単に分かり便利です。 ジップ開閉時にファスナーの滑りもよく、生地を噛みづらいのも高ポイント。 細かいところですが、山でのストレスを減らすには大事なポイントだと思います。 値段より品質の確かさを重視したい人 永久保証付き・MADE IN JAPAN・自社工場による生産で高品質。 私もそうなのですが、山では命を預けるといっても過言ではないシュラフには、何よりも安心感が大切と考える人におすすめです。 硬派な感じのカッコいいシュラフが欲しい人 なんだかんだいっても、このシュラフ、とにかく「カッコいい」ところがお気に入りです。 ダウンを洗濯ネットに入れる• 洗濯機の毛布洗いコースを選択する• 脱水モードではなく、手で絞って陰干し乾いたら両手で叩き、羽毛をよくほぐす ナンガの公式動画もありますから、参考にしてくださいね。 ナンガの公式HPではドラム式洗濯機を推奨しています。 なぜかというと、 生地に撥水加工がされており、縦型洗濯機だと水の上にプカプカと浮いてしまいしっかり洗えないからです。 ドラム式でも家庭用の場合、シュラフのボリュームによっては容量が一杯になって洗えないこともありますから注意してくださいね。 大きなドラム式洗濯機といえばコインランドリーですが、コインランドリーは洗剤が勝手に投入される物がほとんどですから、この点も注意です。 いくつかの注意点さえクリアできれば、自宅で洗濯しても大丈夫なのでぜひ試してください! ささや ナンガ オーロラライトシリーズ収納のコツを解説 ポイントは「空気を抜く」 皆さんご存じのように、保管時は袋に入れないで広げておくことが、シュラフにとっては1番良い状態です。 車で行くキャンプなら、出しっぱなしでもスペースに余裕があればOKですよね。 私も車中泊で使うときは出しっぱなし。 しかし、山はそうはいきません。 よく「端からぐいぐい詰め込むだけ」といわれますが、途中で絶対もう入らないという状況になることもよくありました。 そこでいろいろ試した結果、この方法にたどり着きました。 空気を抜きやすくするために縦半分にたたみ、全体を細長くします。 さらに中央から2つ折りにする。 足で押さえつけながら全体の空気を抜き、丸めて素早く収納袋に入れる。 もたもたしていると、せっかく抜いた空気が戻ってしまうのでスピードが大切です。 足側から入れる• キツくなったら収納袋を回しながら詰め込む です。 私はこういう試行錯誤も楽しみのうちなのですが、こそには興味がないから簡単に収納したい、でもできないという人は、 コンプレッションバッグを購入してサクッと収納するのもよいと思います。 ナンガ オーロラライト600DXレビューまとめ 山やキャンプで細かいことを気にしながら行動すると楽しさが半減するのは、私だけでしょうか? だから、たとえ高価なシュラフでもガシガシ使いたいんです。 その点ナンガのオーロラライト600DXなら、ぬれる心配をせず使うことができ、気軽に洗濯でき、何かあったときも永久保証があり心強いです。 山でもキャンプでも3シーズン安心して使うことができる、おすすめです。

次の