ハウスクリーニング フランチャイズ メリット。 ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

ダスキンフランチャイズ(FC)の特色、加盟の費用やメリットを紹介

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

ハウスクリーニングは、初心者でも誰でもできることをうたい文句として、多くのFC加盟店を常に募集しているのが現状です。 確かに収入事例を見ても、かなりの利益を上げているように思えます。 そんなに簡単で割の良い仕事であれば失敗する人も少ないように思われがちですが、 実は意外に失敗廃業する人も多いのが現状です。 折角の初期投資を取り戻せないまま廃業に至るばかりか、中には開業や運転資金という借金を残して廃業に至るケースもあるといいます。 失敗する理由とは ハウスクリーニングのFC起業で失敗する人には、共通の特徴があるといいます。 メリットだけが印象に残って起業を決めた• フランチャイズなら安心だと思った• 仕事は簡単、研修を受ければ大丈夫だと思った• サポートしてくれるから大丈夫だと思った• 収入が驚くほど入ると思っていた このように、比較的楽に始められる、 いざとなれば本部が助けてくれるといった理由で起業を決めた人は失敗するケースが多いようです。 また、契約先は本部が獲得、というFCも少なくありませんが、ある程度は自分でも開拓するなどの努力がなければ、どうしても依存した店舗体質になってしまうでしょう。 実際に失敗した人の声を拾ってみました。 本部はFC契約の継続には力を入れていないから仕事の質を高めないと契約を切られてしまう• 短い研修でスキルを身に着けられるはずもなく、実際にはお客様からの苦情やトラブルも多かった• 経験がない人は顧客に信頼される仕事ができるようになるまでクレームの嵐は覚悟しておいた方がいい このようにネガティブな意見も見られます。 開業するならどちらを選ぶ? フランチャイズでハウスクリーニングを開業した際に、上記のように失敗することがあります。 だからといって、個人で独立した方がいいというわけではありません。 フランチャイズ加盟と個人で独立した場合の、メリット・デメリットを比較してみましょう。 メリット デメリット フランチャイズに加盟• ハウスクリーニングの経験がなくても参入可能• 運営や経営に関するノウハウを学ぶことができる• フランチャイズ本部のブランドを活用できる• 銀行の融資を受けやすい• 低コストで始めることができる• 店舗の状況に関わらずロイヤリティが発生する。 加盟店のブランド毀損 きそん• 本部からの運営方法や仕入先を制限される 個人で独立• 働いた分の収入は全て個人に反映される• 自分のやりたいように事業を行える• 資金調達を自分で行わないといけない• 個人だと融資が受けにくい• 掃除や経営について全て独学で学ぶ必要がある フランチャイズ加盟と個人で独立した場合の、メリット・デメリットを比較してみると、フランチャイズの方がメリットは多いでしょう。 本部の技術を学ぶことができますし、 名前と信頼を初めから得ることができるのは大きいです。 さらに、独立するための 資金も少なくて済むのも魅力のひとつです。 逆に個人で開業した場合、収入は全て自分のものになりますが、開業するまでの費用も全て自分で用意しないといけません。 また、成功するまでは自分で宣伝しないといけないので、集客できないと営業することはできないでしょう。 フランチャイズだからといって成功するわけではありません。 失敗しないためにも様々なポイントに気をつけることが重要です。 失敗しないための方策とは ハウスクリーニングのFC起業で失敗しないために、以下の点に気を付けましょう• 本部に依存しないで営業スキルを身に着けておくこと• 仕事の質を上げて顧客の 信頼を得るための努力をすること• 小さな仕事でも きっちり積み重ねていくこと• できるだけ リスクを低く抑えて開業すること• 常に 技術の更新を目指すこと• 信頼できるFC本部を選ぶこと これらのことを忘れずに実践するよう心がけることが大切です。 正しくFC業者を選べば成功率は必然的にあがる! 開業にあたって、サポートの充実したフランチャイズ業者を選べるかが、今後の成功に大きな影響を与えます。 開業後のサポートが充実しているか フランチャイズで開業した後は、ハウスクリーニングの仕事だけではなく、経営者としての業務もこなす必要があります。 特に経営の経験がない場合は、独自で事業計画を立てるのは難しい人が多いでしょう。 そのため開業した後も、フランチャイズの経営を熟知する担当者に運営を相談できれば心強いです。 失敗を回避するためにも、 開業後も本部に相談できるようなサポートの手厚いフランチャイズ業者を選びましょう。 そうすれば、未経験でも不安なく開業することが出来ます。 開業後のサポートが充実しているFCの例 例:ハウスコンシェルジュ ハウスコンシェルジュは、昭和36年から続く清掃用品メーカーが手掛けるハウスクリーニングのフランチャイズです。 開業当初は本部から仕事を紹介してもらうことが出来るので、現場でハウスクリーニングの経験を積み、営業のノウハウを身に着けられます。 サポートは、現場経験が20年以上の熟練スタッフが行うため未経験で開業する方も安心です。 ハウスクリーニングというサービスは、プロの清掃技術・知識を提供するものです。 そのため、そのノウハウを取得するための研修は欠かせません。 今までにハウスクリーニング業務の経験がない方の場合、特に研修が重要になってきます。 フランチャイズ業者がどのような研修を行っているかは、業者を選ぶにあたって注目すべき事項です。 ハウスクリーニングの専門的な技術が学べるか、実際の現場で経験を積ませてもらえるか、あわせて経営の知識や従業員を育成する技術を学べるかどうかもチェックをして、業者を選んでいきましょう。 広報活動のあるフランチャイジーか 開業した後の、サービスの宣伝などの広報活動が集客に大きな影響を与えます。 しかし、広報を個人で一から行うのは難しい場合が多いです。 大手フランチャイズなどで開業した場合、CMや雑誌などのメディアで知名度があるため、その名前を掲げるだけでもある程度の集客が見込めます。 また、フランチャイズ本部のホームページから店舗を紹介してもらえる場合、集客が有利となるでしょう。 広報活動に強い業者を選ぶことも、企業を失敗しないための重要な事項になります。 ハウスクリーニングの開業を成功させるポイント 多くのお客様にハウスクリーニングを利用してもらうために、気をつける点があります。 地元に密着して開業 地元に密着してハウスクリーニングを開業した方が、集客しやすいです。 なぜなら、地域の評価が高ければ周りからの信頼を得るができるからでしょう。 チラシやCMといった宣伝をしなくても、口コミが広がってお客様を集めることも可能です。 プロと同じレベルの掃除を行う ハウスクリーニングの業務内容は、家の掃除を行うことが多いです。 ですが、業者に依頼したということは、普通に掃除するのではなくプロの技術が必要になります。 せっかく依頼したのに、個人で掃除したのと変わらない技術では、もう一度依頼したいとは思いません。 簡単な内容の掃除でも、プロが行うレベルの質で取り組み、リピーター確保に繋がるようにしましょう。 他の店舗との差別化が重要!ハウスクリーニングの営業 最近では多くの人が、ハウスクリーニングの開業を行っています。 そのため、同じような営業や業務、サービスでは仕事を得ることは難しいです。 他の店舗とは違う営業を行うことで、差別化を図ることができます。 そのためにどのようなことを行えばいいのか、例をご紹介しましょう。 従業員の質を高める ハウスクリーニングは1人で作業するのは大変ですから、何人か従業員を雇う必要があります。 もし、従業員が掃除に関して素人だと、掃除の質が低く家を傷つけてしまうことが多いです。 それでは、お客様とのトラブルに繋がるので、信頼を失うことになります。 また、従業員にも掃除に関する知識や技術を共有して、お客様への接し方などを教えることが必要でしょう。 家具や調度品に対して配慮した掃除を行うことで、掃除中のトラブルを未然に防ぐことができます。 不動産会社に営業をする 不動産会社は住人が退去した際に、部屋を掃除してキレイな状態にします。 そのために、ハウスクリーニングに依頼して部屋の掃除をしてもらいます。 契約することができれば、今後仕事の依頼が増える可能性が高いです。 サービスの追加 ただ家の中を掃除するだけでなく、他のサービスを追加することで集客を増やす方法があります。 例えば、洗濯や料理などの家事代行のサービスを行う業者もあるのです。 これは、自分で掃除することが難しい高齢者向けのサービスのひとつ。 他にも、不要な家具の買取や引越しの手伝いといったサービスもお客様から高い評価を得ています。 資格もあるの?!ハウスクリーニングで開業する前に習得したい掃除技 ハウスクリーニングで開業を目指すなら、事前に掃除の技やコツ、掃除道具の使い方を習得しておきましょう。 ハウスクリーニングに関する資格もありますので、今後ハウスクリーニングで開業したいとお考えの方は取得しておくことをおすすめします。 洗剤の特徴を学び掃除に役立てよう ハウスクリーニングをするにあたって洗剤の知識は必要不可欠です。 その場に合った洗剤を使い分けることで、依頼箇所をより効率的にキレイに傷つけずに掃除をすることができます。 例えば、掃除の液性にはトイレ掃除などに有効な酸性洗剤、お風呂掃除に役立つ中性洗剤、キッチンなどの掃除に効果的なアルカリ性洗剤があります。 これらの洗剤の使い方を間違うとハウスクリーニング先でのクレームのもとにもなりますので注意が必要です。 また、しつこい汚れを落とす漂白剤、力を入れることで汚れを落としやすくする研磨剤もあります。 漂白剤や研磨剤は使い方によっては家に傷をつけたり、ガスなどが発生する可能性もあるので充分な注意が必要となります。 頑固な汚れだからと言って強い洗剤から使用するのではなく、表面の汚れを落として徐々に汚れを落としていくようにして、洗剤の強さを見極める必要もあります。 掃除道具の使い方を習得して効率的な掃除をしよう 掃除をする際に様々な掃除道具の使い方の知識もあると便利です。 ブラシ一つをとっても素材によって使い方が違うのでよく理解しておきましょう。 たとえば、窓のサッシなど細かい部分の汚れをかき出すには先が細く毛の短いブラシがおすすめです。 また、ハケを利用して掃除する方法もあります。 広い範囲のゴミや汚れを取るなら、いきなり掃除機をかけてしまうのではなく大きなブラシで目立つ汚れを取り除いてからの方がより細やかな掃除ができ、掃除機の詰まりなどの故障の原因を防げます。 さらに、高いところの汚れやほこりを取るのに多用するはたきは叩くように使うのではなく、拭うように優しく丁寧に汚れを取り除きましょう。 また、高いところから低いところへの順番を守って掃除していくことで、下に落ちた汚れを一気に掃除できるので、余計な手間を省くことも可能です。 その他スポンジの使い分け、ぞうきんやタオルの使い分けなども習得しておくことで、より掃除がしやすく、キレイに仕上げることができますよ。 技能検定を取得して信頼を得る ハウスクリーニングには、国家検定があります。 ハウスクリーニングの自分の知識を再確認できるとともに、今後の独立開業にも大きく役立ちますので、ぜひ受けるようにしてください。 「ハウスクリーニング技能検定」は、全国ハウスクリーニング協会が実施しているもので、階級はなく単一等級です。 取得後は、ハウスクリーニング技能士として活躍することができます。 ハウスクリーニング技能検定の内容は、レンジフードの洗浄方法、ダイニングチェアのクリーニング、ステンレスの汚れ落とし、フローリング床のキズ補修などの実技試験とマークシート形式の学科試験の2つを受ける必要があります。 2つの試験内容で60%以上の点数を得ることで合格となります。 特にレンジフードの洗浄に関しては採点配分が高くなっていますので、検定前までに完璧に掃除できるようにしておくことをおすすめします。 また、実技試験か学科試験のどちらかのみ合格、不合格になってしまった場合は、翌年度の試験で合格した方の試験を免除してもらえます。 万が一不合格となってしまっても、諦めずに翌年に向けてがんばりましょう。 尚、学科試験の日時は決まっており、1年に1回しかありません。 受験のための手数料も含め4万円近くかかります。 しかし、このハウスクリーニング技能士の資格がないからと言ってハウスクリーニング業を開業できないというわけではありませんので、開業し経験を積みながら試験に向けての勉強を進めていくという順番でも問題はないでしょう。 開業前に学校でハウスクリーニングを学ぶ ハウスクリーニングに関する知識や技術を教えている学校があり、そこで研修を受けることで次のことを学ぶことができます。 汚れのメカニズムと洗剤の知識• 汚れに合わせた清掃用具の選び方• 各掃除場所を掃除する手順と作業• 作業マナー• エアコンのクリーニング方法 学校によって細かい内容は異なりますが、基本的に学ぶことは変わりません。 全ての研修が終われば、ハウスクリーニングの資格認証書を獲得できます。 この仕事は資格がなくても開業できますが、資格があった方が信頼に繋がるので、取っておいて損することはないでしょう。 また、フランチャイズ加盟でも掃除に関する知識や技術は勉強できますが、より質の高いサービスを行うためにも学校で研修を受けることも考慮しておくことが大切です。 ハウスクリーニング開業でよくあるクレーム あらかじめ、ハウスクリーニングによくあるクレームを理解しておくことで、今後の対策に役立てましょう。 しかし、掃除する範囲が少なかったり、繁忙期で作業員の確保ができなかった場合は、この説明通りに作業を行えない可能性も充分にあります。 そんなときに通常通りの料金を請求してしまうと、クレームのもとになってしまいます。 こうしたクレームを防ぐためにも、例えば、作業時間が短くなる場合は料金をいくらか割引したり、他の箇所を掃除するなどのサービスを考えてみましょう。 また、作業員が確保できない場合は、当日に言うのではなく事前に依頼者に連絡することで相手の不信感を最小限にできるでしょう。 バスタブやエアコンなどに傷をつけられた ハウスクリーニングで一番多いクレームが、室内を傷つけられたというものです。 スポンジやたわし、洗剤の使い方を熟知していないハウスクリーニング業者に依頼すると、このように適した道具を使って掃除が出来ないので、バスタブやエアコンなどに傷をつけてしまう可能性もあります。 クレームになった場合は、最悪ハウスクリーニング業者が交換する費用を支払う必要もあるでしょう。 ハウスクリーニング業者は掃除道具や洗剤の知識をしっかり身に付け、このようなトラブルを招かないように注意することが重要となります。 清掃業者が注意するエアコンの掃除方法 エアコンを掃除する際は、傷つけたり壊したりしないように注意が必要です。 ハウスクリーニングを行う同業他社が、エアコン掃除の時に何に気をつけているのかを把握しましょう。 エアコンの扱い方 エアコン本体やフィルター部分は、プラスチックの壊れやすい製品で作られています。 そのため、強引に開けてしまう簡単に壊れるでしょう。 掃除前に前カバーやフィルターを外す際は、力を入れずにそっと外すようにします。 また、掃除を始める際は電源コードを抜きます。 これは、掃除中にエアコンが稼働してしまい、周りに汚れが飛び散らないようにするためです。 他には、エアコン内部にあるセンサーや電極部は精密機械なので、濡らさないように注意してください。 汚れの落とし方 フィルターや前面パネルの汚れは水洗いで落ちますが、なかにはしつこい汚れが残っています。 これを強く洗うと壊れる恐れがあるため、気をつけなければなりません。 しつこい汚れを落とすなら、古い歯ブラシを使えば傷つけることなく汚れが落ちます。 ただし、新品の歯ブラシは毛先が尖っているので、エアコンに傷をつける恐れがあります。 こすり洗いをする際の圧力にも気をつけるようにしましょう。 さらに。 エアコンによって前面パネルが取り外しできない場合は、ぬるま湯につけたタオルで吹き上げます。 ここで注意しておきたいことは、水が入らないよう絞ること。 内部の精密機械の部分が濡れてしまうと、壊れてしまう危険性があります。 お風呂を傷つけないハウスクリーニング バスタブは傷つきやすい? バスタブに使用されている素材は、強化プラスチックなどの柔らかい素材を使用しています。 そのため、たわしで強くこすってしまうと傷がつく危険があるのです。 傷をつけないように、まずは洗剤をかけて放置します。 洗剤をかけてすぐにたわしやブラシでこすっても、効果はありません。 まずは洗剤で汚れを落としやすくしてから、スポンジで軽くこすれば落ちます。 また、洗剤が合っていない場合もあるので、中性洗剤やアルカリ洗剤で落ちなければ酸性洗剤も試してみてください。 また、酸性洗剤でバスタブを洗う場合は、汚れが取れたらすぐに洗い流すことが大切です。 なぜなら、強化プラスチックは酸によって変色や腐食してしまいます。 特に業務用の酸性洗剤は、家庭用の洗剤よりも強力なので扱いが難しいと言えるでしょう。 エアコンやバスタブは傷つきやすいため、お客様からのクレームに繋がることが多いです。 掃除の知識だけでなく、エアコンやバスタブの知識を身につけて、傷つけないように掃除する方法を身につけましょう。 洗剤などのニオイがいつまでも残っている 掃除後のニオイもハウスクリーニングのクレームになりやすいです。 浴室などニオイのこもりやすい環境の掃除の場合はできるだけニオイが発生しない洗剤を使う、掃除後に依頼者側に換気をしっかりしてもらうように伝えるなどの配慮が必要となるでしょう。 そして、エアコンがカビくさいというのもよくあるクレームです。 しかし、エアコンのカビは、どんなにしっかり掃除しても日頃お手入れをしていないと早くて数週間から数ヶ月で復活してしまうこともよくあります。 エアコンの掃除を頼まれたら、しっかり掃除するだけでなく依頼者側にエアコンの使用後には、送風にしてエアコン内の結露をなくすなどの毎日のお手入れ方法をお伝えすることも重要です。 また、カビコートなどをオプションで追加してもらうのもおすすめですが、コーティングをしても時間が経つとカビは発生してしまいますので、その点の説明も怠らないように注意してくださいね。 思っていたよりカビなどの汚れが取れなかった ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する方は、家中全部が新築のようにピカピカになることを期待しているかもしれません。 しかし、ハウスクリーニングの知識があるからといって完璧にキレイにできるわけではありませんよね。 色素沈着を起こしてしまったカビなどの汚れを落とすのは不可能と考えていいでしょう。 もし、そのような依頼を受けてクレームに発展しそうな場合は、汚れの説明をして落とせない旨を正直にお話しすることをおすすめします。 その分の料金はいただかない、または、これ以上カビが増えないような掃除をするといった穴埋めをすることで、クレームを防ぐことは十分に可能です。 カビ掃除以外にも、フローリングのワックス掛けを依頼した結果木材が変色してしまったというクレームもあります。 事前に材質を確認し、自分の持っているワックスで変色する可能性がある場合は施術を断る必要もあるでしょう。 クレームへの対処法 あらかじめクレームへの対処法を知っておけば、万が一クレームが発生した際にもスムーズな解決ができます。 相手と同じペースにならない クレームをつけるということは、利用者はサービスの「何か」について怒っている状態といえます。 この時、感情が高ぶっている人ほど話すスピードが速く、まくしたてるような話し方をするでしょう。 ただ、こちらも同じように早口で話したり、感情的になっては状況が悪化するだけです。 まずは利用者の怒りを鎮めるため、相手の話をよく聞き適度なあいづちを打つなど、あくまでも冷静に対応しましょう。 終始落ち着いて向き合っていれば、だんだんと相手の怒りも落ち着いてきます。 不当な要求にはNOという 理不尽なクレームをつける人の多くは、金銭やサービス面で「他人よりも優遇されること」を目的としています。 そのため、「サービスが不満だから料金を無料にしろ」などの不当な要求をする人もいるでしょう。 この時、優柔不断なはっきりしない答えやその場限りの言い逃れは、相手の良いように捉えられてしまいやすいです。 そのため、できないことに関しては、はっきり「NO」と伝えなければなりません。 断る際には1度謝罪を挟むのがベストですが、ここでも何に対して謝っているかを明確にしないと、「全面的に非を認めた」と思われることがあります。 チャンスと捉える クレームと聞くとネガティブなイメージを持ちやすいですが、不当な理由で無い限りチャンスとも捉えられるのです。 クレーマーに対して真摯に向き合い解決に至った場合、クレーマーはあなたの会社のファンに変わるかもしれません。 また、クレームは時に経営者が気付かない会社のデメリットに気付かせてくれる良い機会でもあります。 指摘してもらった部分に何らかの改善点が見つかるかもしれません。 前のめりで向き合えば、ピンチをチャンスに変えることも可能です。 まとめ:ハウスクリーニングの開業を失敗しないためには ハウスクリーニング業務は、普通に掃除をするのではなくプロの技術が求められます。 また、ほかと同じようなサービスでは十分な仕事を得られない可能性があるでしょう。 従業員を雇う場合には、十分な仕事量を確保しなければなりません。 これらを加味して、他業者との差別化を図る必要があります。 さらに業務を進めていれば、お客様からご指摘やクレームが入ることもあり、その度に真摯な対応が迫られます。 ピンチをチャンスにできる内容もあれば、時に理不尽で不当な要求を提示されるケースもあるでしょう。 どんなクレームであっても、1人で経営している場合は全て自分で解決しなければなりません。 ただ、サービス内容でもクレーム対応でも、他社と差別化できるものがなければお客様は寄ってきません。 そのためターゲットを絞り、コンセプトをしっかり決めて、誠心誠意対応する姿勢が何よりも大切です。 知識や技術が豊富で、経営のノウハウをきちんと教えてくれるフランチャイズを選べば、ハウスクリーニングでの成功例も教えてもらえます。 短期間で多くのことを学べますし、開業後のサポートも充実しているため、ぜひ利用してみてください。

次の

おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

ハウスクリーニング開業には、【FC】と【個人】?メリットとデメリット FCとはほとんどの場合、加盟店となりロイヤリティーを払う代わりに看板を背負うことができる。 看板を背負うことでのメリットなどは後ほど説明します。 加盟金などがある場合もあるので、FCで開業を目指す場合には良く確認をすることが大切です。 また、仕事がもらえるのでFCにすると言う人がぼくの所にもFCに加盟する前に相談などできますが、FCに加盟して数ヶ月後に、『仕事がもらえると言って居たので、FCにしたが、ほとんど仕事が無い』などをいう悩みを聞きます。 あくまでも口約束であれば、保証対象にならないので注意が必要です。 勿論全てのFCがそうだとは思いませんが、非常に多く来る相談の1つとして、FCに加盟したものの仕事が来ないという相談があります。 また、ロイヤリティーが払える分のみの仕事しか来ないと言った場合もあるようです。 人任せで開業すると言うことは、そう言うリスクがあると言うことも理解した上で出資する必要がありますね。 個人とはどのようなシステム? 個人でのハウスクリーニング開業をするときにもう1つの方法が個人で独立して行う方法です。 ハードルが高いように感じますが、実際にぼくもFCに加入しないで、個人でハウスクリーニングをスタートしました。 そして、成功しています。 言い方がきついかもしれませんが、日本人は甘えている人が多いです。 なので、チャンスがそこら中に転がっています。 死に物狂いで、一時期を頑張れる行動力と決断力があれば、成功できるものだとぼくは思っていますが、あくまでも個人の意見として捉えてください。 成功するのは簡単なことでは無いけど、難しいことでも無いと言うのが持論です。 FCのメリット FCのメリットはなんと言っても、本部があり、横のつながりでもある加盟店があるコミュニティではないでしょうか。 また、ある程度の知識を共有できる部分もメリットではないでしょうか。 困った時に相談に乗れる本部があること。 大抵の大手加盟店の場合には、知名度もあるので、お客さんに受け入れてもらいやすい。 このようなことがFCのメリットになります。 FCのデメリット 次にFCのデメリットについてです。 同じエリアに加盟店があるFCも存在するらしく、競合して仕事がお互い少なくなる場合もあるようです。 そこはエリアを決めてあげようよ。 と思ってしまいますね。 開業資金が数十万円〜数百万円かかる。 また、加盟金やロイヤリティーが発生します。 加盟金は、のれん分けしてもらうためのお金と思っておけばいいでしょう。 ロイヤリティとは、売り上げの数パーセントを本部へ納めなければなりません。 仕事を全て本部がくれる訳でもないので、最終的には個人と変わらない。 これだったら独立してやっても同じという人もいます。 個人のメリット 価格設定が自由につけられる。 自分で汗水を流して行なった仕事に対して、誰かに売り上げを持っていかれることがない。 自分次第で、副業〜本業とバランスが取れる。 ぼくは、仕事が好きで仕事ができる時間はバンバン働いていましたが、うまく時間調整をして働くこともできるのが、個人で行うハウスクリーニングだと思います。 個人のデメリット 基本、仲間が最初いない。 それでも後から知り合いはたくさん作れます。 頼れる人がいない場合、トラブル時の対応が困る。 ハウスクリーニングの情報を入手できる場所が少ない。 まとめ FCの場合には、初期にかかる費用が多くかかり、毎月仕事があってもなくても多くの約束金が出て行くことになります。 逆に個人では、お金がなくても開業できます。 5万円前後で道具や洗剤も抑えることができます。 壁を自ら作らなければいくらでも交流は広がります。 今回は、ハウスクリーニング開業には、【FC】と【個人】?メリットとデメリットについて解説しました。 最後までありがとうございました。

次の

フランチャイズの企業側と加盟店側のメリット・デメリットについて

ハウスクリーニング フランチャイズ メリット

ハウスクリーニングのフランチャイズのなかには、知名度こそ高くないものの、知る人ぞ知る優良な本部もあります。 そのフランチャイズ本部こそ、「ハウスコンシェルジュ」です。 ハウスコンシェルジュは清掃用のワックスや洗剤の品質が高く、多くのお客さんから高評価を得ています。 さらに加盟店オーナーが支払う開業資金やロイヤリティも、他のフランチャイズ本部より安くなっているのです。 ハウスクリーニングのフランチャイズへの加盟を考えている方のなかには、ハウスコンシェルジュが気になるという方もいるはずです。 今回はそんな方のために、ハウスコンシェルジュのメリットやデメリット、評判についてまで紹介していきます。 CONTENTS• ハウスコンシェルジュとは ハウスコンシェルジュは、昭和36年設立の老舗の清掃用品メーカー「株式会社リスダンケミカル」がチェーン展開しているハウスクリーニングのサービスです。 リスダンケミカルがハウスコンシェルジュのサービスを始めたのは、平成23年のことでした。 ハウスクリーニングの業者としてはまだ歴史が浅いものの、 清掃用品メーカーとしての長い歴史とノウハウを活かして、お客さんから高い評価を得ています。 ハウスコンシェルジュはフランチャイズ展開をしており、現場でハウスクリーニングをするのは加盟店のオーナーたちの仕事です。 ハウスコンシェルジュに加盟することで、本部の看板を使って開業できるほか、ハウスクリーニングのノウハウも教えてもらえます。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズのメリット ハウスコンシェルジュは他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、ハウスコンシェルジュのメリットについて紹介していきましょう。 開業資金やロイヤリティが安い フランチャイズに加盟する場合、最初に本部に開業資金を支払います。 ハウスコンシェルジュの開業資金は、税込みで194万円 です。 ハウスクリーニングのフランチャイズの開業資金は 200 ~ 300 万円くらいが相場のため、ハウスコンシェルジュの開業資金は非常に安価だと言えます。 さらにハウスコンシェルジュは、本部に毎月支払う「ロイヤリティ」の額も破格です。 ロイヤリティとは、本部の名前を使って営業するために支払う看板料のようなものです。 ハウスコンシェルジュのロイヤリティは、たったの3万円 となっています。 さらに、チェーン全体の広告宣伝費を一部負担するための「広告分担金」の支払いもありません。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部ではロイヤリティと広告分担金、合わせて8万円が相場です。 つまりハウスコンシェルジュでは、他のフランチャイズ本部と比べて、毎月 5 万円の出費を抑えられるのです。 ワックスや洗剤の品質に定評がある ハウスコンシェルジュで使われているのは、リスダンケミカルが製造したワックスや洗剤です。 このワックスや洗剤の品質の高さには定評があり、大手の自動車メーカーや住宅メーカーなどでも広く利用されています。 品質の良いハウスコンシェルジュのワックスや洗剤なら、他社では落とせないような頑固な汚れも落とせる可能性が高くなります。 他社では落とせない汚れを落とせれば、当然お客さんからの評価も高くなり、多くのリピート受注が見込めるでしょう。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズの良い評判 ハウスコンシェルジュは、本当に信頼できるフランチャイズ本部なのでしょうか? ここでは、ハウスコンシェルジュの加盟店オーナーによる口コミを紹介します。 「やったことのない仕事を依頼されたり、これまで見たこともないような汚れがあった時もありました。 しかしそんな時は、 本部に電話して相談すると、担当者が親身になって対応してくれたおかげで乗り越えられました。 たとえ何かあっても、本部が助けてくれるという安心感があります」 ハウスコンシェルジュは、本部のサポートの手厚さも売りにしています。 その言葉に嘘はなく、問題が起こった場合は、本部に電話することですぐにサポートしてくれるようです。 このほかお客さんからクレームがついた場合も、保険対応も含めて本部がバックアップしてくれます。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズのデメリット ここまでハウスコンシェルジュのメリットや良い評判について説明してきましたが、残念なことにデメリットもあります。 ここではハウスコンシェルジュのデメリットについて、紹介していきましょう。 研修期間が短い ハウスコンシェルジュでは、開業前の加盟店オーナーたちに対し、研修を実施しています。 研修ではハウスクリーニングの基本的なスキルはもちろん、営業や接客マナーについても教えてもらえます。 ハウスコンシェルジュの研修は、加盟者と本部スタッフのマンツーマンで行われるため、一対多数の研修に比べて、より技術を身につけやすいのがメリットです。 ただし ハウスコンシェルジュの研修は、たったの5日間しかありません。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部では研修期間が2週間程度のところが多いので、ハウスコンシェルジュの研修期間はかなり短いと言えるでしょう。 そのためハウスクリーニングの 技術をじっくり身につけたいという人には、ハウスコンシェルジュは不向きです。 関連) 知名度が低い フランチャイズに加盟する以上、本部の知名度の高さは重要です。 なぜなら本部の知名度が高ければ、それだけでお客さんの信頼を得られるため、依頼ももらいやすくなるからです。 本部の知名度が低ければ、開業資金やロイヤリティを支払ってまで、フランチャイズに加盟するメリットはあまりないと言っていいかもしれません。 ハウスコンシェルジュは知る人ぞ知る優良サービスではありますが、知名度は決して高くありません。 そのためおそうじ本舗などの有名サービスと比べれば、自分で顧客を獲得するハードルはやや高いといえるでしょう。 関連) ハウスコンシェルジュの悪い評判 ハウスコンシェルジュの加盟店オーナーのなかには、本部に対する不満を持っている人もいるようです。 そこでここでは、ハウスコンシェルジュの悪い口コミについて紹介していきます。 ハウスコンシェルジュはクリーニング用品の品質が優れているので、他のフランチャイズ本部とも差別化できると思います。 ただ残念なのが、ハウスコンシェルジュには知名度があまりないという点です。 営業をかけても、「そんなところは聞いたことがない」と言われてしまうことも少なくありません。 先ほども説明したとおり、ハウスコンシェルジュは一般知名度がほとんどありません。 そのため営業をかけても、そんなところは知らないと門前払いされてしまうこともあるようです。 まとめ ハウスコンシェルジュは自社製品である高品質のワックスや洗剤を使っていることで、多くのお客さんから高評価を得ているハウスクリーニングのフランチャイズ本部です。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と比べると、開業資金やロイヤリティが安く、広告分担金の支払いもないため、経費を安く抑えられます。 ただし 研修期間が5 日間と短いことや、一般的な知名度が低いというデメリットもあります。 研修でじっくり技術を身につけたいという方や、集客面で優位に立ちたいという方は、 別のフランチャイズ本部を検討したほうがいいでしょう。 ハウスクリーニングフランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。

次の