サル でも わかる git。 [B! git] 【Git】サルでも分かるとか言われても分かんねーよって思ってたけど、少しだけGit使えるようになってきた話

サル以下の存在がまとめた「Git用語」図解

サル でも わかる git

関連サイト 本書の関連ページが用意されています。 内容紹介 Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう 本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。 もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。 というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。 無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。 わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。 さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。 そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。 書誌情報• 著者: 大串肇, アクツ ユミ, 一戸健宏, 兼清慮子, 齋木弘樹, 清野奨, 福嶌隆浩 著 , 株式会社ヌーラボ 監修• 発行日: 2018-09-25 紙書籍版発行日: 2018-09-25• 最終更新日: 2018-09-25• バージョン: 1. ページ数: 208ページ PDF版換算• 対応フォーマット: PDF, EPUB• 出版社: インプレス 目次 はじめに 目次 第1章 Gitの概要理解と準備• 1-1 バージョン管理システムとは• 1-2 Gitの利用シーン• 1-3 Gitを利用するツールのインストール 第2章 Gitの基本を理解しよう• 2-1 リポジトリの作成• 2-2 初めてのコミット• 2-3 さまざまなコミット• 2-4 コミットを戻ってみる• 2-5 コミットメッセージの書き方• 2-6 元に戻す• 2-7 ファイルの除外 第3章 ブランチとマージ• 3-1 ブランチとは• 3-2 初めてのブランチ作成とコミット• 3-3 ブランチをもう一つ作成してコミットする• 3-4 2種類のマージ• 3-5 コンフリクトの解決• 3-6 チェリーピック• 3-7 タグ 第4章 リモートリポジトリとの連携を理解しよう• 4-1 ローカルリポジトリとリモートリポジトリ• 4-2 Backlogアカウントの作成• 4-3 ローカルリポジトリにリモートリポジトリを登録• 4-4 プッシュとプルとクローン 第5章 課題管理との連携とプルリクエスト• 5-1 Gitの運用ルール• 5-2 Backlogの課題との連携• 5-3 プルリクエストの作成とマージ• 5-4 リモートリポジトリの最新の状態を取り込む• 5-5 ブランチの削除 付録 逆引きGit• 付録-2 コマンドリファレンス 索引 著者 監修・STAFF.

次の

Gitのインストール|サル先生のGit入門【プロジェクト管理ツールBacklog】

サル でも わかる git

「」が人気のようです。 ツイッターで見ていると、よさそうと言う人とやっぱり分からないという人がいる。 私も見てみたが、うん、分からないかもな、と思うところがあった。 そこで、横から失礼ながら、入門編だけちょっと注釈をつけさせてもらうことにします。 わからないヒトのお役に立てれば。 リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所です。 保存された状態は、内容の変更履歴として格納されています。 Git ではひとつのディレクトリ(とそれ以下。 あとで出てくるワークツリーのこと。 )を管理下に置きます。 そのディレクトリの内容のスナップショットがひとつの「状態」としてリポジトリに記録される。 その「状態」のつらなりが履歴です。 コミットを実行する時点でのインデックスの内容が、ひとつのコミットとしてリポジトリに入り、それが(上で書いた)「ひとつの記録された状態」になります。 1節〜2. 2節に詳しい。 コミットと差分の関係は、p14に以下のように説明されています: コミットオブジェクトが記録しているツリーオブジェクトは、プロジェクトのコミット時点での状態ですが、このツリーと、1つ前の状態を記録したコミットオブジェクトが記録しているツリーとの間の差分は、このコミットが導入した変更である、と考えることができます。 [中略]この差分を計算して、変更点を調査することが可能となるのです。 Gitでは、コミットを実行した時にワークツリーから直接リポジトリ内に状態を記録するのでなく、その間に設けられているインデックスの設定された状態を記録するようになっています。 そのため、コミットでファイルの状態を記録するためには、まずインデックスにファイルを登録する必要があります。 「インデックスの設定された状態」ではなく、「インデックス に設定された状態」かな。 誤植なら直してほしい… インデックスには、ワークツリーそのままが入れられると思ったほうが分かりやすい。 てか Git では実際そうなってる。 そしてインデックスの内容が、そのままコミットになる。 だから、ファイルを修正しても、インデックスに入れなければ、コミットには入らない。 ファイルやディレクトリが「Git の管理下にある」とは、インデックスに入ってるという意味です。 図では CSS ファイルがインデックスに入ってませんが、この例なら入ってるでしょう。 そして、html ファイルを修正したからインデックスに入れた、css ファイルは修正していないので以前の状態の css ファイルがインデックスにある、それがコミットされる。 (コミットが差分であると考えるなら、こう理解するといいかも:コミットすると、直前のコミットが表わす状態と、現在のインデックスの内容との差分が、新たにコミットとしてリポジトリに入る。 ) 以降、リポジトリの共有は概念的な説明なので分かりやすいと思います。 変更履歴の統合のところは、ブランチを説明してからじゃないと説明が難しいところをうまく説明しているなぁと感心しました。 有料で、「サルでもわかる Git 入門」よりは長いし、かわいいイラストもないけれど、分かるように丁寧に噛みくだいて説明しているつもりです。 上の説明のあたりは試し読みもできますので、気に入ったら是非。

次の

リンク用タグ生成

サル でも わかる git

TortoiseGitを利用するには、先にmsysgitをインストールする必要があります。 次のサイトの「Download」ボタンからインストーラをダウンロードしてインストールしてください。 まずは、次のサイトからTortoiseGitのインストーラとランゲージパックをダウンロードします。 32ビット版と64ビット版がダウンロードできるので、自分の使っているWindowsと同じ物を選択してください。 使っているWindowsが32ビット版か64ビット版なのかわからない場合は、次の方法で調べることができます。 「スタートメニュー」の「コンピュータ」を右クリックし、右クリックメニューから「プロパティ」をクリックします。 次の画面、「システムの種類」の所に表示されます。 ダウンロードしてきたインストーラのファイルをダブルクリックして起動します。 次の画面が表示されるので、「Next」をクリックします。 「Next」をクリックします。 「TortoisePLink」を選択したまま、「Next」をクリックします。 このままで「Next」をクリックします。 「Install」をクリックします。 インストールが始まります。 Winodwsユーザの認証を求められる場合があるので、その場合は認証して進んでください。 インストールが完了しました。 「Finish」をクリックして終了してください。 続いて、日本語化を行います。 Language PacksからJapaneseをダウンロードし、ダブルクリックで起動します。 「Next」をクリックします。 インストールが始まります。 Windowsユーザの認証を求められる場合があるので、その場合は認証して進んでください。 インストールが完了しました。 「Finish」をクリックして終了してください。 デスクトップの適当なところで右クリックメニューを表示してください。 設定画面が表示されます。 「General」の画面の「Language」で日本語を選択してから「OK」をクリックしてください。 これでインストールと日本語化は完了です。 Macの場合、MacPortsやHomebrewといったパッケージ管理ツールを使ってインストールすることもできます。 確認のためにversionコマンドを実行してみましょう。 Gitのバージョンが表示されればインストールは成功です。 出力される文字列はインストールした環境やバージョンによって異なる場合があります。 5 Apple Git-26.

次の